banner

経営状況分析Y とは

経営状況分析Yとは、財務諸表の数値から
負債抵抗力」、「収益性・効率性」、「財務健全性」、「絶対的力量
の4つの面から各2つずつ計8の指標を点数化することによって、
導き出される数値のことをいいます。

経営状況分析の審査項目について

経営状況の分析指標は、次のとおりです。

分析指標 計算式 寄与度
★負債抵抗力
純支払利息比率X₁  (支払利息-受取利息配当金) ÷ 売上高 × 100 29.9%
負債回転期間X₂  (流動負債+固定負債) ÷ 売上高 × 100 11.4%
★収益性・効率性
総資本売上総利益率X₃  売上総利益 ÷ 総資本(2期平均) × 100 21.4%
売上高経常利益率X₄  経常利益 ÷ 売上高 × 100 5.7%
★財産健全性
自己資本対固定資産比率X₅  自己資本 ÷ 固定資産 × 100 6.8%
自己資本比率X₆  自己資本 ÷ 総資本 × 100 14.6%
★絶対的力量
営業キャッシュフローX₇  (前期キャッシュフロー+当期キャッシュフロー)
 ÷ 1億円 ÷ 2
5.7%
利益剰余金X₈  利益剰余金 ÷ 1億 4.4%

 

経営状況分析における指標の意味

分析指標 指標の意味
純支払利息比率
X₁
 売上高に対する純粋な支払利息の割合を見る比率で低いほどよい
負債回転期間
X₂
 負債総額が月商の何ヶ月分に相当するかを見る比率で低いほどよい
総資本売上純利益率
X₃
 総資本に対する売上総利益の割合、つまり投下した総資本に対する
 売上総利益の状況を示す比率で高いほどよい
売上高経常利益率
X₄
 売上高に対する経常利益の割合、つまり企業の経常的経営活動によ
 る収益力を示す比率で高いほどよい
自己資本対固定資産比率
X₅
 設備投資等の固定資産がどの程度自己資本で調達されているかを見
 る比率で高いほどよい
自己資本比率
X₆
 総資本に対して自己資本の占める割合、つまり資本蓄積の度合いの
 示す比率で高いほどよい
営業キャッシュフロー
X₇
 企業の営業活動により生じたキャッシュの増減を見る比率で高いほ
 どよい
利益剰余金
X₈
 企業の営業活動により蓄積された利益のストックを見る比率で高い
 ほどよい

 

経営状況評点Yについて

経営状況評点Yは、次の計算式で求められます。

Y = 167.3 × 経営状況点数A + 583

また、経営状況点数Aは、次の式で計算されます。

A = -0.4650X₁ -0.0508X₂ +0.0264X₃ +0.0277X₄
    +0.0011X₅ +0.0089X₆ +0.0818X₇ +0.0172X₈

経営状況評点は最高点が1,595点で、最低点が0点となります。

経営状況分析機関とは

経営状況の分析は、
国から分析業務をすることを認められた登録機関が行います。
分析の内容は法定されていますので、
どの機関であっても同じ基準で審査され、同じ結果が出ることになっています。

サービス内容については、それぞれの分析機関で異なり、
申請者は、分析機関のホームページなどで費用やサービス内容を
比較して検討することにより、どの分析機関でも選択することができます。

平成24年7月現在、次の分析機関が登録されています。

機関の名称 事務所の所在地
電話番号 ホームページアドレス
○(財)建設業情報管理センター  東京都中央区2‐11‐24
 03‐5565‐6131  http://www.ciic.or.jp/
○(株)マネージメント・データ・リサーチ  熊本県熊本市今日町丁4‐43
 096‐278‐8330  http://www.m-d-r.jp/
○ワイズ公共データシステム(株)  長野県長野市田町2120‐1
 026‐232‐1145  http://www.wise-pds.jp/
○(株)九州経営情報分析センター  長崎県長崎市今博多町22
 095‐811‐1477  http://www.kyusyukeiei-bunseki.com/
○(株)北海道経営情報センター  北海道札幌市白石区東札幌一条4‐8‐1
 011‐820‐6111  http://www.hmic.co.jp/
○(株)ネットコア  栃木県宇都宮市鶴田町2-5-24
 028-649-0111  http://www.netcore.co.jp/
○(株)経営状況分析センター  東京都大田区大森西3‐31‐8
 03‐5753‐1588  http://www.netcore.co.jp/
○経営状況分析センター西日本(株)  山口県宇部市北琴芝1-6-10
 0836-38-3781  http://www.kjbc.co.jp/
○(株)日本建設業経営分析センター  福岡県北九州市小倉南区克葛原本町6-8-27
 093‐474‐1561  http://www1.bbiq.jp/nkbhp/

当事務所では、ワイズ公共データシステム(株)に分析をお願いしております。


南大阪 経営事項審査・入札サポートデスク

業務対応エリア

大阪府 : 堺市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町

和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市

 

Copyright(c) 2015 南大阪 経審・入札サポートデスク All Rights Reserved.